商品についてのご質問やご不明な点がございましたらお気軽にお問合わせください。
TEL:03-5664-2188
CONTACT
新着情報/コラム

企業の荷物の配達に対応できる業者のメリットとは?

配達業者と一言で言っても、様々なものを取り扱っているケースがあります。
例えば、食品関連を主に扱っている配送業者、建築資材の配達を行っている配送業者、個人の荷物を配達している業者等。

それぞれ特徴や得意な分野が存在します。

そんな中で、企業の荷物を中心に配達している業者もあります。

企業の荷物を配達している業者は、多くの荷物を一度に配達できたり、また精密機械など繊細な配達が必要となるものも配達できるメリットがあります。

例えば、医療機器や電子機器など繊細な商品を運ぶ場合には、慎重な取り扱いが必要です。
梱包の仕方、そして運転時の衝撃を抑えるための車両の手配等。
専門知識を持った配達員や適切な梱包を行うことで、商品の安全な配達が可能になります。

弊社は企業専属便として、企業様の荷物をお届けする業務にも慣れています。

多くの荷物を運ぶことや精密な商品を適切に配達を行ってきた実績があります。

もしビジネスに関するもの商品の取り扱い精密機械の取り扱いがあるようでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。

配送品目に合わせた車両を手配させていただき、確実に荷物をお届けします。

企業様はもちろんのこと、個人事業主として活躍されている方のご利用も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

クライアントや取引先を安心させる企業専属便の配送方法とは?

企業専属便は、その企業のみの荷物を配送する専用車両と専用スタッフを配備した配送方法のことです。

クライアントや取引先に安心感を与えるための統一感をもたらすことも可能です。

例えば、配送業務を行う際にブランドロゴ入りの作業着やユニフォームを着用すること。
これによりドライバーと一体感を生み出し、会社の組織としてのまとまりを示すことができます。

また専属ドライバーを雇用することで、配送スタッフとのコミュニケーションや信頼関係を築くことができるため、より円滑な業務遂行が可能になります。

専属便の利点として、スケジュール管理や輸送ルートの最適化が挙げられます。
企業専属の配送体制を整えることで、遅延やトラブルのリスクを最小限に抑えることができ、顧客満足度の向上につながります。

もし車両が不足している、ドライバーが不足しているという状況であれば、企業専属便を活用してみてはいかがでしょうか。

お客様の車両の特徴などもできるだけ揃えることで、企業の車両という印象を与えることもできます。

弊社は東京都内を中心に企業様や店舗様の荷物をお届けする配送業務を行っています。
早朝から深夜まで幅広く対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

軽貨物配送の仕事内容は?

軽貨物配送の仕事内容は、主に小型トラックやバンを使って、商品や荷物を配送することです。

配送する商品や荷物を受け取り、商品の種類や数量、梱包状態を確認したうえで、小型トラックやバンに適切に積み込みます。

配達先や配送ルートを確認し、交通状況や天候などの情報を考慮して、効率的かつ安全な配送ルートを決定して、配送先へと向かいます。配送先に到着したら、荷物を降ろし、受取人に渡します。荷物の搬入や搬出、階段やエレベーターを利用しての運搬なども行います。

配達した荷物の受取人や受取日時を記録し、配達記録を作成します。配達の際にサインをもらうこともあります。

配送先での顧客とのコミュニケーションを大切にし、丁寧な対応を心掛けます。配送先での問題や要望に迅速かつ適切に対応することも重要です。

配送業務の前後には、車両の点検やメンテナンスを行います。車両の燃料補給や洗車、タイヤの点検交換などを行い、安全な状態を維持します。

このように軽貨物配送の仕事は、荷物を運ぶだけでなく、配送業務全体を効率的に管理し、安全はもちろん迅速に配達する能力が求められます。また、顧客とのコミュニケーション能力やトラブル対応能力も重要とされています。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

企業専属便と通常配送の違いとは

企業専属便は、特定の企業に専属で配送を行うサービスのことを言います。企業専属便を利用している企業は、その企業のみがその配送サービスを利用できるもので、通常配送は、特定の企業のみではなく、誰でも利用できる配送サービスのことを言い、複数の企業が利用しています。

企業専属便は、その企業のニーズや要望に合わせてカスタマイズされており、配送ルートや配送時間、車両の種類などが企業との契約に基づいて調整されます。一方、通常配送は標準的な配送サービスを提供するもので、特定の企業のニーズに柔軟に対応することはありません。

また、配送品目についても、企業専属便は、その企業の製品や商品を専用の配送手段で輸送する一方、通常配送は、一般的に小包や荷物など、さまざまな商品が輸送されます。

企業専属便は、企業との契約に基づいて高品質な配送サービスの提供を行うことを目的として行われることになり、通常配送も一定の品質基準を満たした配送が行われるので、高品質なサービスには違いはありません。ただし、個々の企業との契約に基づく専属配送の方が、より高いサービス品質を提供することが可能となります。

このように、企業専属便は特定の企業との密接な関係を築くことで、効率的な配送やサービスの向上を図ることができる一方で、通常配送は幅広い顧客に対して一般的な配送サービスを提供するため、より一般的なニーズに対応することができます。

株式会社オールワークサービスでは、どちらの配送サービスも提供していますので、気軽にご利用ください。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

軽貨物配送の仕事の自動車リースの仕組みは?


軽貨物配送の仕事を行う際に自動車リースを利用するケースも珍しいことではありません。

このような形で自動車リースを利用する際の仕組みは、契約や初期費用、月額リース料などがあります。

リース契約をするために、リース会社と契約を締結します。契約内容には、車両の型式や仕様、リース期間、月額リース料金、保険の有無、違約金や解約条件などがあります。リース契約をする際には、通常、契約手数料、保証金、初回支払いなどといった初期費用が発生します。

月額リース料金は、リース契約に基づいて発生することとなり、車両のリース料金やメンテナンス費用、保険料などが含まれることもあります。

リース契約に基づいた車輛を使用することが可能となりますが、一部のリース契約では、定期的なメンテナンスや修理費用がリース料金に含まれている契約もあれば、メンテナンスや修理費用を別途支払わなければならない場合もあるので、契約内容をしっかり確認することが大切です。

リース契約期間の終了時には、車両をリース会社に返却するのが一般的な流れになりますが、一部の契約では、返却時に車両の状態に応じた返却料金が発生する場合があります。

自動車リースは、車両の購入費用や保険料、メンテナンス費用などを一時的に抑えることができるため、事業の立ち上げや運営資金の確保に有効な手段となります。ただし、契約内容や条件をよく確認し、自身のニーズに合ったリースプランを選択することが重要です。

お問合せはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く